けだものだもの

visselkobe.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 18日

胡桃の日

今日はさだまさしさんの、なんと3776回目のライブが富士山を見渡す河口湖であったそう。
しばらくさださんのライブは見に行っていないけれど。
きっと楽しいライブだったんだろうな。

中学時代、アニキの部屋にたまたまさださんのカセットテープが何本か転がってて。
それを聴いて、美しい日本語の歌詞とメロディーに取り付かれてしまった。

さださんの歌はそれから。
大切な人に歌って贈ったり。
大切な人を送り出す歌になったり。
大切な人を連れてきてくれたり。
節目節目で、支えになってくれてたような気がします。

今日は胡桃で。さだまさしさんに乾杯。

窓の外には雨とから松枝にはるりかけす
君の前には僕の前には胡桃の実がひとつ

言葉がいらなくなったのではなく
言葉を忘れたってこと
お互いわかっているからおしまい
この狭い部屋の中で
君の知らない僕と 僕の知らない君が
カラカラと音たてて 転げ廻っているじゃない
『胡桃の日』詩/さだまさし

c0198421_131670.jpg

 『人気ブログランキング』のカウンターになっています。下のリンクをぽちっ!と押してくーださい!
人気ブログランキングへ
[PR]

by tom_oki1108 | 2010-07-18 01:33 | 上野動物園


<< ハタラキモノ      『そうだ。京都へ行こう』 >>