カテゴリ:釧路市動物園( 7 )


2012年 10月 07日

アーチェリーの撮影に行ってきました

アーチェリーの神戸市大会の撮影にお声がかかり、行ってきました。
驚いたのが、車椅子の方も一緒に大会に参加していること。
お話を聞けば、道具を使う競技なので、障害者の人もハンデなしで競技に参加できるのがアーチェリーの特徴なんだそうな。
へ~~~。ならオリンピックなんかでも、障害者の人にも門戸を開いたらいいのにねって言ったら。
『いや、たぶんオリンピック出るくらいのレベルになると、車椅子のほうが姿勢が安定する分有利になると思いますよ。』
だそうな。
意外や意外。ハンデが見方を変えればアドバンテージにもなるんですね。
ちなみに今日の競技は30メートルと50メートル。それでもスゴイと思ったのに、オリンピックや国際大会ではもっと遠い70メートル。
的の円なんて、ほとんど点!
あれを立て続けに真ん中に当て続けたんだから、銀メダルを取った日本の選手ってスゴイなってあらためて思いました。
人間技じゃないです。
c0198421_20434522.jpg

『人気ブログランキング』のカウンターになっています。1日1回、下のリンクをぽちっ!と押してくーださい!
人気ブログランキングへ
[PR]

by tom_oki1108 | 2012-10-07 20:45 | 釧路市動物園
2010年 12月 31日

今年もお世話になりました

2010年も残すところあと数時間。
結果的には。いい1年だったのかな。。。
たくさん動物園にも行けたし、楽しい出会いもあったし。

『あなたの撮る写真はただ「かわいい」ってだけで、それ以外に写真から何を伝えようとしているのか分からない』
そんな風にも言われたけれど。
ん~~~~。そんなに難しく考えなきゃいけないのかな?写真って。
基本アタシの撮る写真なんてのは、ゲージュツ的なモンじゃないから誰でも撮れるものだし、何も特別なことはしていない。
それでも。喜んでくれる人がいるんだから、それでいいじゃないかな?
だって、動物園にいる動物たちって。
「かわいい」が取り柄なんやもん。
そこから、自然の尊さとか、愛情とかを感じるか考えるか。
それはおのおのの考え方でいいんじゃないかなぁ?
好きになれば、その子のことをきっともっともっと深く知りたくなるよね。
そのきっかけになるのなら。それでいいんじゃないかなぁ?

「かわいい」から「また会いに行きたい」
そこからすべてが始まる。

だから来年も。
「かわいい」子たちに。またたくさん会いに行きます。

今年1年ありがとうございました。
来年も『けだものだもの』をよろしくお願いいたします。
c0198421_14365329.jpg

 『人気ブログランキング』のカウンターになっています。下のリンクをぽちっ!と押してくーださい!
人気ブログランキングへ
[PR]

by tom_oki1108 | 2010-12-31 14:42 | 釧路市動物園
2010年 08月 10日

北の海から

こんにちは。
どんなに暑くても、なんだかキミたちの涼しげな顔を見てたらこっちまで涼しくなってくるね
c0198421_2032145.jpg

 『人気ブログランキング』のカウンターになっています。下のリンクをぽちっ!と押してくーださい!
人気ブログランキングへ
[PR]

by tom_oki1108 | 2010-08-10 20:05 | 釧路市動物園
2010年 07月 15日

肝っ玉母ちゃん

見た目によらず、案外気の強いシマウマさん。
お母ちゃんともなると、さしずめ肝っ玉母ちゃんってところでしょうか?
小さいうちはいつも子どものそばにいて、子どもをおびやかすものを威嚇して追っ払います。
でも少し大きくなると。
一歩下がって、たくましくなった子どもの背中を後押しします。
優しい目をしてるけど・・・。強いね。お母ちゃんは。
c0198421_21594036.jpg

↓ 『人気ブログランキング』のカウンターになっています。下のリンクをぽちっ!と押してくーださい!
人気ブログランキングへ
[PR]

by tom_oki1108 | 2010-07-15 22:01 | 釧路市動物園
2010年 07月 11日

癒やしキャラ

アザラシくん、好きです。
なんとなく、憎めないんですよねemoticon-0102-bigsmile.gif
c0198421_232911.jpg

↓ 『人気ブログランキング』のカウンターになっています。下のリンクをぽちっ!と押してくーださい!
人気ブログランキングへ
[PR]

by tom_oki1108 | 2010-07-11 02:05 | 釧路市動物園
2010年 07月 08日

命の重さ

生まれつきの障碍を持って生まれたアムールトラ、ココアちゃんに会いに釧路まで行ってきました。
後ろ足を引きずって、時々しんどそうに切り株や階段に腰掛けるくらいで、あとはフツーのアムールトラと同じ。
ただ、ここまで回復させるまでに、関係者の人たちの並々ならぬ努力があったんだろうなと思います。

ヨーロッパの動物園などでは。
育児放棄を受けたり、障碍を持って生まれてきた子を積極的に延命することをしないところも多いのです。
もしその子が自然界で生まれてきたとしたら。
限りなく生き残る可能性は低いからです。そんな子を、人間や動物園の都合のためだけに延命させることが、果たして適切かどうか。
それが向こうの人の価値観だから。
日本の動物園では、とりあえず生まれてきた命にみんな平等に、真正面から向き合います。

どちらが正しいのか。そんな議論は無粋なのかもしれません。
ココアの穏やかな表情を見ている限り、そんなものはどちらでもよいのかもしれません。
c0198421_21354859.jpg

 『人気ブログランキング』のカウンターになっています。下のリンクをぽちっ!と押してくーださい!
人気ブログランキングへ
[PR]

by tom_oki1108 | 2010-07-08 21:48 | 釧路市動物園
2010年 07月 06日

コタン・コル・カムイ

アイヌの人たちの村の守り神。
穏やかで、でも鋭い眼光を持った、子どもほどもある大きなフクロウさん。
森の中に住んでいると分かっていたら、守り神だと思うのは自然のことだろう。
今でも北海道の森に少しだけ生き残っているカムイ。
いつまでもいつもでも。アイヌの心と一緒に北海道の森を守ってください。
c0198421_1954591.jpg

↓ 『人気ブログランキング』のカウンターになっています。下のリンクをぽちっと押してくーださい!
人気ブログランキングへ
[PR]

by tom_oki1108 | 2010-07-06 19:55 | 釧路市動物園