けだものだもの

visselkobe.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 31日

苦しむ人とともに

ヨーロッパでは昔『ロバを飼うのは馬鹿の家』と言われたそうです。
豊かな家では牛や馬を飼うもの。
ロバを飼うことは、自分の家が貧乏だと言いふらしているのだと同じだと。

裏を返せば。
ロバは貧しい食事でも耐えられるだけの、丈夫な体を持っているということの証。
ロバを飼う人は、貧しい食事をさらにロバに分け与えて、ロバと共に暮らし、ロバと共に生きた。

そんなロバの原産地は。
今、今世紀最大の飢饉と飢餓に苦しむソマリア地方。

人々はもう、ロバにすら目を向ける余裕がないかもしれない。
でもロバはまだ。人々が住むすぐそばにいる。
わずかに残った緑の草を食べて。
c0198421_19573289.jpg

 『人気ブログランキング』のカウンターになっています。下のリンクをぽちっ!と押してくーださい!
人気ブログランキングへ
[PR]

by tom_oki1108 | 2011-08-31 20:00 | 横浜市金沢動物園


<< あーもー!      日本一のゾウさん >>